十三夜-JUSANYA-/TEL097-533-0467(代表)/大分市府内町2丁目4-5若竹ビル 1F

十三夜=JUSANYAについて

Q:何が変わったの?

A:大きく分けて「音響」「出演の仕方」が変わりました。

音響は、元よりあった物も活かしつつ、T.O.P.Sの経験を活かした「聞きやすく」「クリアな音」へと変化させました。もとよりあったスピーカーは天井へ2つ吊っていました。それだと最前のお客様へはPAの音は届きにくく聞き取りづらい物でした。そこでステージ上に「中抜け」という役割を持つスピーカーを設置しました。それが「BOSE L1 compact」このスピーカーの特徴は水平180°の範囲に音を届け、演者さんとお客さんも同じサウンドを体感できます。天井に吊っていたスピーカーも後方へのお客様へしっかりした音を届け、座ったままでも、この「BOSE L1compact」とのミックスによって、大きな音でなくてもすべてのお客様に「よりクリア」に歌も楽器の音も鮮明に聞こえるようになりました。

Q:ピアノが入ったって聞いたのですが

A:はい。YAMAHAのAVANTGRAND N1というハイブリッドピアノを導入しております。

グランドピアノそのままのタッチ感を実現する専用グランドピアノアクションと木製鍵盤を採用した電子ピアノになります。スペシャルアコースティックサンプリング&スピーカーを採用しPAを通さずとも生に近いサウンドを、ピアノ自体から感じる事ができます。アコースティックとデジタルが創り出す確かな完成度はデジタルならではの「調律いらず」「キーチェンジ」「音色チェンジ」可能になっております

Q:ミキサーも変わったんですか?

A:はい、デジタル ミキサー「ROLAND M-200 i」を採用しております。

アコースティック小屋という性質上多くのインプットは必要はない。コンパクトかつ信頼性から国産を選択いたしました。デジタルの特徴を活かし「徹底した音作り」それを「保存」この十三夜~JUSANYA自体の持つ小屋の音をデジタルならではの細かなイコライジングを施し基本的に記憶させ、いつでも安定した音のクォリティをお客様に、そして演者に約束いたします。また「ipad」での遠隔操作も可能で、実際の客席でどのような音が「聞こえているのか」を実際の客席で確認し音作り、バランス調整を可能にしました。

Q:出演の仕方が変わったとは?

A:はい。幅広いジャンル年齢層に対応すべく「チャージバック」のシステムを導入しております。

原則チケットノルマはかけておりません。またわかりやすい「レンタル」のシステムも作りました。合わせて世代間の交流を目指しております。※詳しくは「出演について」のページをご覧ください

 

Q:毎日ライブをやっているの?

A:いいえ申し訳ありません

まだ毎日出演していただけるほどのアーティストは網羅しておりません。しかし目標は「毎日何かやっている十三夜」を目指しております現段階では何もない日は、日々昼間は「カフェ」「バンドグッズ販売」「チケット販売のプレイガイド」として夜は「バー」として皆さんからのアドバイスも聞きながら情報集めの日々です。気軽に遊びに来て飲みながらでも私たちの知らない事教えてください。

Q:いきなり行って演奏はできますか?

A:申し訳ありません。一見の方のセッションや飛び入りはお断りしております

一度当店でのライブを見せていただいた方で、店側の判断で飛び入りを行う場合はあるかもしれません。一般のお客様もいる場合もございます、演奏力、ジャンルなどわからないので、セッション、飛び入りライブはお断りいたしております。まだまだ生まれたばかりの「十三夜~JUSANYA」は日々勉強する事ばかりです。少しづつの成長を見守ってください。/代表坪井健一郎

 

 

↑ PAGE TOP